主婦のカードローンキャッシング

専業主婦の方ではカードローンはまったく申し込めないかというと、そんなことはありません。自身に全く収入のない専業主婦の方でもカードローンを申し込むことができます。

そのかわり、申しこめるカードローンに制約があります。それは総量規制という法律によって決まっています。総量規制では「年収の3分の1までを融資できる」と定められています。

この法律で行くと収入0円の専業主婦は融資を受けられないとなりそうですが、この総量規制対象外の融資会社が「銀行」になります。つまり、専業主婦の方でも銀行のカードローンならば申し込むことができるのです。

総量規制対象は、消費者金融やクレジット会社のキャッシングなどの貸金業者が対象となります。どうして銀行は総量規制の対象外なのかというと、銀行には預金業務・為替業務など銀行ならではの特殊な業務を行っているために「銀行法」という独自の法律を順守しているために、総量規制によって定められる「融資は年収の3分の1まで」という規制の対象外となっているのです。

専業主婦の方のカードローンは配偶者の方に安定した収入があるということが、大切な条件になっていますのでその点だけ注意しましょう。しかし、銀行系のカードローンのため、消費者金融のローンやクレジット会社のキャッシングと比較して金利が総じて低く、また借りる限度額によっては、配偶者の方の収入証明(年末調整の証明書など)や同意書などが不要なことも魅力的なひとつ。借りる上限の金額が予め低く定められているので、借りすぎることもないのはカードローンを初めて利用することが多いであろう主婦の人にとっては安心できるのではないでしょうか。

このページの先頭へ