みずほ銀行のカードローン

みずほ銀行カードローンの特徴は最大限度額1000万円までをあげられます。金利も4.0%~14.0%。メガバンク系カードローンの中では一番低い利率となっています。申し込み方法は、電話・インターネット・郵送・店頭で申し込むことができますが、一番利用までの早い申し込み方法は、自分が口座を持っている支店に直接店頭にいくことです。申し込みは口座をもっていなくてもできますが、審査が終わった後に必ず店舗に行き口座を作成しなければいけませんので、口座の保有状況にかかわらずできるだけ早い融資を受けたいならば店舗に行く必要があることを覚えておきましょう。

みずほ銀行のカードローンの場合、カードの発行種類によって金利や上限金額に変わりはありませんが、利用できるカードローンの種類が異なっています。カードの発行種類には、カードローンカード発行型とキャッシュカード兼用型があります。キャッシュカード兼用型の場合、自動融資機能が付帯としてついてきます。自動融資機能とは残高2万円の状態でATMで5万円の引き出しをした場合、差額の3万円は自動的に融資されるサービスになります。これは公共料金の引き落としなどに同様のサービスがありますが、店舗でのカードローンの場合この設定をつけるかつけないかを選ぶことができます。しかしながら、口座の自分の残高金額がわかりにくくなりがちなので自分の口座の残高を明確に管理できる人におすすめです。

カードローンカード発行型は、カードローン専用のカードを発行しますのでキャッシュカード兼用型の自動融資機能はついてきません。カードを間違えてATMにいれれば、引き出しか借入かが明確に分かれるのですぐに気づくことができます。しかしカードローンカードを新たに発行しなくてはいけないので、およそ利用までに5日~10日かかります。みずほ銀行のカードローンカードで即日融資を受けたい場合、店頭申し込みでキャッシュカード兼用型が鉄則になりますので、利用の際は気をつけましょう。

このページの先頭へ